スーパーコンピューター富岳、世界ランク首位に

2020年06月23日


スーパーコンピューター(想像図)

理化学研究所のスーパーコンピューター「富岳」が世界ランキングで首位になったそうです。
富岳は理化学研究所と富士通が開発したスーパーコンピューター。
今回富岳がランキング首位になったのは6つある部門のうち計算速度やAI学習、ビッグデータ解析など4部門。
国産のスーパーコンピューターが首位になるのは「京」以来9年ぶり。
また、4部門で同時に1位を獲得したのはこれが初めてになるそうです。
計算速度はこれまで首位だったアメリカ製スーパーコンピューターの3倍。
更に富岳は計算速度は早いものの使いにくかったとされる京の反省も踏まえ、使い勝手も重視されているのだとか。
理研いわくまだ性能を上げる余地があるとのことで、21年の供用開始に向け整備や試験運用をすすめるとのこと。
日本は他国に比べてIT面で遅れを取っているという噂ですし、これが巻き返しのきっかけになるといいですね。
  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 22:48Comments(0)