禁煙治療用のスマホアプリ、医療機器として承認へ

2020年06月19日


たばこ。

禁煙治療のために開発されたスマートフォン向けアプリが医療機器として承認されるそうです。
このアプリは国内のベンチャー企業が慶應義塾大学と共同で開発したもの。
アプリの主な目的は禁煙外来受診患者のサポート。
アプリでは専用の機械で測定した呼気の含まれる一酸化炭素の濃度の記録を管理。
この結果から患者にあった治療のガイダンスが受けられるのだとか。
治験を実施した結果、アプリを使った場合は禁煙の継続率が工場。
これを踏まえ、国内で初となる治療用アプリとして承認される見通しとなったのだとか。
開発した会社は承認後、医療保険の適用を申請し、年内の実用化を目指すとのこと。
何事も継続をするにはモチベーション維持が大切ですし、このアプリで禁煙成功者が増えるといいですね。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(0)