電力取引価格、ほぼ0円に。電力需要減で異変

2020年05月10日


コイルさん。

電力取引価格が大幅に下落しているそうです。
今、日本では昨今の経済活動の停滞で電力需要が激減。
これに伴い、電力の需要と供給バランスに異変が発生。
電力の取引市場で1kwあたりの価格が底値である0.01円にまで度々下落しているそうです。
5月10日に取引された11日分の電力も午前9時半~午後2時までの取引価格がこの0.01円/kwを記録
それ以外の時間帯も前年と比べると半分程度にまで落ち込んでいるそうです。
関係者によると、当面の間は電力価格は低調に推移する見込みとのこと。
空気がきれいになったり省エネになったり、環境にとっていいことづくめのはなかなか皮肉なものです。
  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(0)