世界最大級の淡水魚、絶滅

2020年01月04日


サメ。

世界最大級の淡水魚が絶滅してしまったそうです。
今回絶滅したのはハシナガチョウザメというサメの仲間。
このサメは中国の長江にのみ生息する固有種。
体長7m、体重450kgで、淡水魚として世界最大級の魚でした。
ハシナガチョウザメは長江の上流で産卵し、下流で餌を捕食する習性を持っていたそうです。
しかし長江でダムの建設が始まると、このルートが寸断。
2003年に最後に捕獲されて以降、完全に姿を消してしまったとのこと。
人の行いの結果、生き物が絶滅というのは本当に悲しい話です。
どこかでひっそりと生き延びてくれていることを願いたいです。
  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(0)