パナソニックが液晶パネル事業から撤退

2019年11月21日


液晶TV。

パナソニックが液晶パネル事業から撤退するそうです。
これは21日に同社が発表したもの。
パナソニックでは2008年からテレビ向けの液晶パネルの生産を開始。
その後、テレビ向けで採算が取れなくなってからは車載向けや産業向けに転換していました。
そして今回、今後の市場環境を見て継続は困難と判断したのだそうです。
2021年を目処に生産を終了。
傘下のパナソニック液晶ディスプレイの雇用についてはグループ内で配置転換を行うとのこと。
液晶の価格低下は凄まじいものがありますし、仕方がないのかもしれませんね。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(0)