ゲームセンター、最盛期の5分の1以下に減少

2019年11月13日


ゲーム機。

ゲームセンターがすごい勢いでなくなっているそうです。
ゲームセンターは最盛期だった1986年には全国に2万6千店以上が営業。
しかしその後は数を減らし、現在は5千店を割り込むところまで来ているそうです。
原因は家庭用ゲーム機の普及。
家庭用ゲーム機は年々性能が向上し、アーケードゲーム機と同等の画質のゲームが家庭で楽しめるようになりました。
また、近年はスマートフォン向けゲームアプリが急伸。
ゲームユーザーの中で最も大きな割合を占めるところまで成長しているのだとか。
遊びも多様化してゲームをする人自体も減っているという話ですし、色々と大変そうですね。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(0)