耳の内視鏡手術、徐々に普及

2019年10月21日


ハサミ。

最近、耳の手術に内視鏡を用いる技術が普及しているそうです。
これは「内視鏡下耳手術」なる手法。
通常、耳の内部の手術をする場合耳の後ろに穴を開け、そこから器具を入れる手法が一般的。
しかし内視鏡を使った手術では耳の後を切らず、耳の穴から施術が可能。
このため、手術後の痛みが少なく、入院期間も短くて済むのだとか。
この手術には高度な技術が必要なため、今後は内視鏡手術をできる医師を増やしていくのが課題とのこと。
病院、患者双方の負担が減るのはいいことですね。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 22:00Comments(0)