マンション販売減速。43年ぶりの低水準に

2019年08月19日


マンション。

新築マンションの販売に急ブレーキがかかっているそうです。
不動産経済研究所によると、今年7月の首都圏の新築マンション半バイト数は1932戸。
これは前年同月比35.3%の大幅減で、7月としては1976年以来43年ぶりの低水準となるそうです。
販売戸数減少はこれで7ヶ月連続。
原因として業者が在庫物件の販売を優先していることや、秋以降の物件発売まで様子を見る動きがあるとかないとか。
これから消費増税もありますし、もう欲しい人には行き渡った感じなのでしょうか。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 22:47Comments(0)