タイから密輸されたサル2匹、新種か

2019年06月11日


ショウガラゴ。

成田空港で見つかった密輸されたサルに新種の可能性があることがわかったそうです。
このサルは昨年9月に成田空港で見つかったもの。
密輸しようとした男はサル6匹、カメ4匹などをスーツケースに隠しタイから日本へ入国。
いずれもワシントン条約で商取引が規制されている種だったそうです。
このサルを専門家が鑑定したところ、ショウガラゴの仲間とみられるサル2匹の種が特定できず、新種の可能性が出てきたそうです。
なお、密輸しようとした男は関税法違反で逮捕されたとのこと。
このような形で新種が見つかったとしたら残念でなりません。
元いた場所に帰れればいいのですが、東アフリカ原産のサルがタイから入ってきたという経緯を見ると難しいかもしれませんね。  


Posted by 架空の姉 at 23:11Comments(0)