セブンイレブン、時短営業実験へ

2019年03月01日


ヴァイオレット・エヴァーガーデンさん。

コンビニエンスストア最大手のセブンイレブンが時短営業の実験を行うそうです。
これは1日に同社が発表したもの。
セブンイレブンは現在全国の店舗で24時間営業を実施中。
しかし店舗によっては人員が確保できず、フランチャイズのオーナーが過酷な労働を強いられる状況に陥っています。
時短営業の申し入れを行うと2000万円近い高額な違約金とともに契約解除を迫られたという報道もあり、24時間営業を半強制している状況について大きな議論を呼んでいます。
セブンイレブンは世論に動かされる形で、初となる時短営業の実験を実施することになったのだとか。
実験は直営店10店舗、営業時間は午前7時から午後11時を予定。
この実験結果を持って、時短営業の影響を判断するとのこと。
7時~11時ではなく、最寄り駅の始発から終電までなどで条件設定したほうが現実的なデータが取れそうな気がします。
ともあれ、これをきっかけにフランチャイズのパワーバランスが見直されるといいですね。
  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(0)