プロ野球日本シリーズ開幕 初戦は23時超えの激闘で引き分け

2018年10月27日


次女。

今年もプロ野球日本シリーズがはじまりました。
今年はセントラルリーグ優勝の広島東洋カープとパシフィックリーグ2位ながらクライマックスシリーズを勝ち上がった福岡ソフトバンクホークスの対戦。
初戦となった27日は延長12回、23時をまわる激闘となりました。
試合は1回裏に菊地選手の本塁打でカープが先制。
カープは更にこの回適時打で1点をあげ2-0とします。
ホークスの反撃は5回、2死2,3塁のチャンスで先発千賀投手の代打デスパイネ選手。
デスパイネ選手の2塁への打球が名手菊地選手の悪送球を誘い、2-2の同点とします。
試合はその後両チームともに得点が入らず延長戦に突入。
両チームともにチャンスを作るも活かしきれず、初戦は総力戦の末、12回2-2の引き分けという結果になりました。
初戦から手に汗握る展開の連続でしたね。
明日も素晴らしい試合を期待しています。  


Posted by 架空の姉 at 23:11Comments(0)