全国各地で桜が開花 台風の影響か

2018年10月19日


次女。

全国各地で桜の開花報告が相次いでいるそうです。
開花報告が相次いでいるのは主に太平洋側の地域。
桜は本来春に開花する種で、この時期に暖かくなっても開花しないよう植物ホルモンが分泌されているそうです。
しかし今年は台風の影響で巻き上げられた海水による塩害が発生。
これにより、桜の葉が落ちてしまい、植物ホルモンが分泌されない状態にあるそうです。
このため、本来であれば抑制される桜の開花現象が起こっているのだとか。
なお、この時期に開花した桜は来年の春は花数は減るものの、見た目に影響が出るほどではないとのこと。
塩害でこんな事が起きるなんて知りませんでした。
逆に考えれば、このメカニズムを使えば秋でも桜が楽しめるということになるのでしょうか。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 07:00Comments(1)