全身真っ白なウニ見つかる。発見者は小学生

2018年08月02日


白ウニ。

全身真っ白な珍しいウニが見つかったそうです。
ウニが見つかったのは宮城県南三陸町。
種類はキタムラサキウニで、その名の通り本来は黒みがかった赤紫色をしています。
しかし見つかった個体は全身が真っ白。
突然変異で色素がなくなったいわゆるアルビノ個体だそうです。
発見者は地元の小学生で、ウニは仙台市にある水族館に寄贈されるとのこと。
身の色がどうなっているかわかりませんが、このウニを繁殖して固定化できればビジネスチャンスが生まれそうな気がしますね。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(0)