市立図書館から忍術の伝承書見つかる

2018年07月04日


にんにん。

青森県の図書館から忍術の伝承書が見つかったそうです。
忍術書が見つかったのは青森県弘前市の市立図書館。
忍術書は弘前藩に仕えた早道之者(はやみちのもの)なる忍者集団が記したもの。
全12ページで、武器や目眩まし、眠り薬などの作り方のほか、旅先での心得なども記されているそうです。
この忍者集団は1756年に一時解散しており、その折に技術伝承のために残された可能性が高いとのこと。
市立図書館に忍術書が眠っているとは驚きですね。
全国の図書館の蔵書を漁ればいろいろおもしろい書物がでてきそうな気がします。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(1)