瀬戸内海アサリから貝毒検出。出荷の自主規制要請へ

2018年04月08日


ラストエリクサー。苦痛に耐えられぬ時のむがいい。

瀬戸内海でとれたアサリから国の基準値を超える貝毒が検出されたそうです。
問題のアサリは岡山県の播磨灘でとれたアサリ。
軒の水産課によると、2月中旬以降大阪湾では貝毒プランクトンが発生。
これにより、大阪府や兵庫県のアサリが毒化していたそうです。
3月下旬には岡山県でも確認され、県の環境保健センターが調査を実施。
その結果、アサリから基準値を超える貝毒が検出されたのだとか。
県では関係漁協に出荷の自主規制を要請すると共に、潮干狩りなどで採取したものについても口にしないよう注意を呼びかけているとのこと。
これもきっと地球温暖化の陰謀ですね。
許すまじ。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(0)