町田駅前でライトダウンイベント開催 震災の電力不足を回想

2018年03月13日


ブラック次女。

11日、東京都町田市の駅前でライトダウンイベントが行われました。
これは町田市と相模原市が協力し、2013年から町田駅で行われているもの。
町田市は11年の東日本大震災の際、大規模な停電が発生。
震災直後の電気系統の麻痺はもちろん、その後も計画停電など電力不足による影響がおきました。
このイベントではPM7時から8時の間に各店舗や商店街協力の下、看板や街灯を消灯。
当時の電力不足を思い起こすとともに、被災地の復興を祈りました。
震災のときは電気はあって当たり前のものではないということを痛感しましたね。
ライフラインの大切さを理解するという意味でも意義のあるイベントだと思います。  


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(0)