シートベルト警告音無効化部品、市場から排除へ

2018年02月18日


猫。

自動車の助手席のシートベルト警告音を無効化する部品が市場から排除されるそうです。
これは主にインターネット通販などで販売されているもの。
近年の自動車では助手席や運転席に人が座っているにもかかわらず、シートベルトをしていない場合警告音がなるようになっています。
問題の部品はこの警告音をならないようにするというもの。
部品はシートベルトの差込口の金具のみの形状をしており、これを刺すことでシートベルトが装着されていると自動車を誤認させる仕組み。
名目上は助手席に重い荷物をおいた際になる警告音の消音用として販売されていました。
しかし、部品の特性上運転席や、助手席に人が座っている場合にも使用可能であることから、安全性に問題があるとされていました。
これを受け、千葉県警は昨年秋に販売業者らを摘発。
この一報が流れると、楽天、ヤフー等の大手ネット通販業者らも一斉に同商品の取扱を禁止。
問題の部品は市場から姿を消しつつあるのだとか。
県警は今後も違法商品の監視を続けるとコメントしているとのこと。
どう考えても危ないので販売停止は妥当な処置だと思います。
次はこの発想力をもっと有意義なことに生かしてほしいですね。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(0)