ドローンで救命活動 沖合に流された人に浮具を投下

2018年01月18日


クラゲ。

オーストラリアでドローンを使った救命活動が行われたそうです。
舞台となったのは18日、オーストラリア東部の海岸。
この日、海岸では十代の少年2人が高波にのまれ沖合に流される事件が発生。
これを発見したライフセーバーが用意されていたドローンを発進。
現場に急行したドローンから浮具を投下し、無事救助することに成功したそうです。
ドローンは発見から1~2分程度で現場上空まで到達できたそうで、ライフセーバーが泳いで向かうよりもスピーディな対応がとれたとのこと。
こういったドローンの活用事例は素晴らしいですね。
是非日本の海岸でも導入を期待したいです。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(0)