静岡のシラスウナギ壊滅 1ヶ月でわずか184グラム、前年比0.04%に落ち込み

2018年01月13日


ウナギ。

静岡のウナギが壊滅的な状況に陥っているそうです。
昨年12月の1ヶ月間のシラスウナギ(ウナギの稚魚)の漁獲量がわずか184グラムだったそうです。
これは前年比0.04%という深刻な落ち込み。
過去記録的な不漁だった平成21年に匹敵する水準なのだそうです。
また、静岡以外の国内、中国や台湾でも不漁が報告されており、世界的に不漁の傾向にあるようです。
これに伴い、ウナギの取引価格は高騰。
今後、漁獲楼がどうなるか推移が注目されているとのこと。
そろそろポーズではなく本気で禁漁を考える時が来ている気がします。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(2)