交通事故死者数過去最小を更新 1949年以来68年ぶり

2018年01月04日


次女。

昨年の交通事故による死者数が過去最小を記録したそうです。
これは警察庁の発表によるもの。
それによると、昨年の交通事故による死者数は3694人。
これはこれまで最小だった1949年の3790人を下回る過去最小の数字になるのだとか。
都道府県別では愛知県の200人がワーストで、埼玉、東京と続く形。
最小だったのは島根県の17人で、愛知県とは10倍近い差がつく結果となりました。
人口10万人あたりの死者数で比べると、ワーストは福井県(5.88人)、最小は東京都(1.20人)。
自動ブレーキの登場や安全性能の向上、ドライブレコーダー普及による事故の啓発など、いろいろな要因が重なっている感じでしょうか。
このままゼロを目指して頑張って欲しいです。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:22Comments(2)