新生侍J 初戦は劇的サヨナラ勝ち

2017年11月17日


勝ったよ。

野球日本代表新生侍ジャパンが初陣で劇的な勝利を収めました。
16日に行われたアジアプロ野球チャンピオンシップ2017。
この大会は日本、台湾、韓国の3カ国の代表で競い合う野球の国際大会になります。
侍Jは稲葉監督就任後初陣となる大事な試合で韓国と対戦。
試合は3回裏にに日本が1点を先制するも、次の4回表に韓国に4点を取られ逆転される苦しい展開。
しかし6回に4番に座る埼玉西武ライオンズの山川選手の2ラン本塁打で1点差に迫ると9回裏に押し出しの四球で同点。
土壇場で試合は振り出しに戻り、延長に突入します。
続く10回表、タイブレーク制度により無死一二塁から始まる韓国の攻撃で痛恨の3点を失い、日本は絶体絶命のピンチに追い込まれます。
この窮地を救ったのが5番福岡ソフトバンクホークスの上林選手。
一死一二塁で打席に入ると、上林選手の放った打球はそのままスタンドイン。
値千金起死回生の3ラン本塁打で再び試合は振り出しに戻ります。
これで勢いづいた日本はそのまま二死二塁まで走者を進めると最後は千葉ロッテマリーンズ田村捕手の左中間へのヒットでサヨナラ勝ち。
まさに劇的と呼ぶにふさわしい勝利を飾りました。
終盤は息を呑む展開が続きましたが、素晴らしい試合でした。
この調子で台湾戦も勝利を期待したいですね。  


Posted by 架空の姉 at 01:08Comments(0)