ホイッスルの音、大きさで音階が違った 高3学生論文欧州市に掲載

2017年07月01日


ふえ。

ホイッスルの音は大きさによって異なるそうです。
これを突き止めたのは山形県にある高校に通う3年生の生徒。
この生徒は中学生の頃、ホイッスルの音が物によって違うことに疑問を持ったそうです。
高校生になると科学教室に入り笛の音の研究を開始。
研究では3Dプリンターを使い実際に大きさの違う笛を複数作成。
その結果、笛の容積が大きければ低音、小さければ高音が出ることを突き止めたそうです。
研究をまとめた論文は欧州の論文誌にも掲載されたのだとか。
ホイッスルの音の高さという着眼点が面白いですね。
いずれホイッスルのパッケージに「ドの音が出ます」みたいに書かれる日が来るかもしれません。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(3)