巨大サメ「メガマウス」、生きたまま捕獲されるも死亡

2017年05月23日


メガマウス。

巨大サメ「メガマウス」が生きたまま捕獲されるも死亡してしまったそうです。
メガマウスは主に深海に生息する大型のサメ。
名前の通り大きな口が特徴ですが、その生体はほとんどわかっていません。
そんなメガマウスですが、22日に千葉県沖の定置網にかかっているのが見つかり、捕獲。
捕獲されたメガマウスは体長5~6mほどで、その後いけすに移されていました。
メガマウスが生きたまま捕獲されるのはほとんど前例がなく、世界初の飼育にも期待が持たれていました。
しかし翌23日になると様態が急変。
午前中に海底に横たわっているのが確認され、その後死亡してしまったのだとか。
非常に残念ではありますが、やはり本来深海にいる魚だけあって飼育は難しいのかもしれませんね。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:35Comments(2)