ピザハット売却 10年で30億超の累計赤字や巨額ライセンス料も

2017年05月22日


ひよこ。

今月10日、日本KFCが傘下のピザハットの売却を発表しました。
日本KFCではこれまでケンタッキーフライドチキンを軸に宅配ピザのピザハットも展開。
しかし安定した利益を出すケンタッキーフライドチキンに対し、ピザハットは10年で累計30億超の赤字を出すなど不安定な経営が続いていました。
かつてはピザーラに次いで2位だった業界シェアも近年は好調な売上を見せるドミノピザに抜かれ3位に転落。
更に今年12月には米本社とフランチャイズ契約の更新が迫っており、今回の更新では支払うロイヤリティが大幅に上昇。
このような背景に加え、米本社と経営戦略の見方が異なることが決定打となり日本KFCは事業の売却を決定したのだとか。
個人的にはこれを機にもう少し庶民的なお値段になってくれると嬉しいですが、人件費を加味すると中々難しいのでしょうか。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(1)