猛威のランサムウェア、感染PCの98%がWindows7

2017年05月21日


次女。

世界中で猛威を奮ったランサムウェアに感染したPCのほとんどがWindows7だったそうです。
問題のランサムウェアは「WannaCry」と呼ばれる種類。
感染するとファイルが暗号化され、普及と引き換えに金銭の支払いを要求してくるのが特徴。
このランサムウェアについて調査を行ったところ、感染したPCの98%がWindows7を使用していたのだそうです。
今回の問題を受け、マイクロソフトはWindows7だけでなく、サポートの終了したXP用のセキュリティパッチも公開。
セキュリティアップデートを適用すれば感染することはないとのことなのでまだ未適応の方はぜひお忘れなく。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(1)