カラス進入禁止の張り紙、本当にカラスが来なくなる

2017年05月13日


カラス。

カラス進入禁止と書いた張り紙を掲示したところ本当にカラスが来なくなったという驚きの結果があるそうです。
これは岩手県にある灯台の研究施設にて実施されたもの。
この施設では屋外のパイプに巻かれた断熱材をカラスが巣材として持ち去る事件が多発。
対応に苦慮していました。
そこで専門家に相談したところ、カラス侵入禁止の警告文の張り出しを提案されたのだとか。
最初は半信半疑だったものの、実際に張り出したところなんとカラスがピタリと来なくなったそうです。
実はこの警告文、効果があるのは内容ではなく張り出された警告文を人間が注目すること。
カラスは人間の視線を嫌う習性があるため、警告文が視線を集めると警戒して寄り付かなくなるそうです。
この施設では2015年から張り紙を始め、現在まで3年の間効果が継続しているとのこと。
冗談かと思いきや実は大真面目な話というのが中々面白いですね。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:51Comments(1)