身の少ない迷惑ウニ、廃棄野菜を与えたら市販級に大変身

2017年05月12日


うに。

これまで迷惑者と思われていたウニに驚きの活用方法が見つかったそうです。
今回注目を集めているのはムラサキウニ。
ムラサキウニは海藻の食害で問題視され、駆除が行われている種類。
通常のウニの食用とされる身が全体重の20%程度なのに対し、ムラサキウニはわずか2~3%。
このため、ムラサキウニは食用には出来ないと考えられていました。
このムラサキウニに対し神奈川県産技術センターは廃棄野菜を餌として与える実験を実施。
するとムラサキウニの身がなんと17%と食用レベルにまで急増したそうです。
この実験でムラサキウニは大根やブロッコリーなどをすごいペースで食べ、キャベツに至ってはウニの集団が1玉を3日で食べ尽くすほどだったのだとか。
実験で出来たムラサキウニの身の旨味成分は市販のウニと遜色もなく、センターでは商品化に向けて実証実験を行っているとのこと。
身が少なかったのは単純にお腹が空いてただけだったというのは盲点ですね。
他にも身が少なくて食用に向かない系のものは同じ方法が使えるかもしれません。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(3)