ネット依存の中高生、飲酒喫煙率が高い 厚労省調査で発覚

2017年05月11日


ころころ・・・。

ネット依存の若者は飲酒や喫煙の割合が高いそうです。
これは厚生労働省の調査でわかったもの。
調査は全国の中学校から無作為に選んだ約10万人を対象に実施。
その結果、「ネットのために人間関係を台無しにした」「問題から逃げるためにネットを使う」といったまるで私のような回答をした人が男子で6.4%、女子で9.9%いたそうです。
これらの依存の疑いが強い回答者と飲酒の関係を調査したところ、飲酒の頻度が高まれば高まるほどネット依存の割合が高まる事がわかったそうです。
喫煙についても同様で、飲酒の場合は飲まない人と比べ最大で3.5倍、喫煙は2倍程度の差があるのだとか。
分析を担当した大分大学の教授は依存症の原因が別のタイプの依存症として現れている可能性を指摘。
予防や治療のために対策を考えていくことが重要であるとコメントしているとのこと。
ネットには死ぬほど依存していますが、飲酒も喫煙もしていない私はいわばエリートネット依存症患者ですね。
これからも誇りを持って依存していこうと思います。
あるいは……私が若者でないという可能性も否定できませんが……。
  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(3)