WBC侍J、アメリカに惜敗

2017年03月22日


お茶。

WBC日本代表侍ジャパンが準決勝で姿を消しました。
22日行われたWBC準決勝で侍Jはアメリカ代表と対戦。
試合は投手戦となり全員がメジャーリーガーのアメリカ相手に互角の戦いを見せるも、2-1で惜敗となりました。
これにより、決勝はプエルトリコとアメリカの対戦に決定。
侍Jは準決勝敗退、ベスト4が最終順位となります。
惜しくも敗れはしたものの、世界を相手にこれほど堂々とした戦いができたのは本当に素晴らしいことだと思います。
連日の熱い戦いに私も感動を覚えました。
チームを率いた小久保監督並びに出場した選手の皆様、本当にお疲れ様でした。
  


Posted by 架空の姉 at 23:16Comments(2)