野生の象、睡眠時間は1日わずか2時間

2017年03月09日


ピカイア。

野生の象は1日2時間しか眠らないという驚きの研究結果が発表されたそうです。
これは南アフリカの大学らでつくる研究グループが明らかにしたもの。
研究チームではボツワナに生息する野生の象2頭に観測装置をつけ35日間活動を観察。
その結果、象は1日平均2時間しか眠らないことがわかったのだとか。
象が眠る時間帯は午前2時から6時の間で、寝る姿勢も殆どが立ったまま。
3~4日に1度横になって眠るそうですが、横になる時間は1時間程度なのだそうです。
なお、飼育環境下にある象は4~6時間の睡眠を取っているとのこと。
象クラスになると天敵も居なさそうですが、それでもやはり野生環境だと安心できない何かがあるのでしょうか。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 07:00Comments(2)