がん5年生存率約70%に改善

2017年02月16日


三女。

がん患者の生存率が上昇傾向にあるそうです。
国立がん研究センターによると、がんと診断された患者の5年後の生存率は69.4%。
はじめて調査が行われた1997年と比べ、7.4ポイント上昇しているそうです。
10年生存率も58.5%と、2人に1人は10年以上の生存が可能になってきているそうです。
部位別では前立腺がんや甲状腺がん、子宮頸がんなどが80%を超える生存率を記録。
一方で、膵臓がんや肝臓がんは生存率が低く、特に膵臓がんは生存率が5.1%しかないとのこと。
今後さらなる医療技術の発展に期待をしたいところですね。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 12:00Comments(3)