粗末に扱えない?地蔵型カラーコーンが話題に

2016年05月30日


灰原哀さん。

工事現場などで何かと乱雑に扱われがちのカラーコーン。
そんな中、粗末に扱われないユニークなカラーコーンが話題を集めているそうです。
噂のカラーコーンは通常円錐型の表面を地蔵の形に加工したもの。
お地蔵様を乱雑に扱う人はいないということで評判になっているとかいないとか。
デザインしたのは東京芸術大学大学院卒のアーティストの男性。
これまで注文に応じて100対以上の地蔵カラーコーンを制作してきたのだとか。
気になるお値段は通常のカラーコーンの10倍。
値段が値段だけに主にディスプレーや寺院の駐車場などで使用されているそうで、工事現場などで見かけることはないとのこと。
デザインカラーコーンというのは中々面白いですね。
地蔵でなくとも何か模様を刻んでおくだけで壊されにくくなる気がします。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 00:00Comments(2)

JAXA、衛星の月面着陸に挑戦へ

2016年05月29日


星空凛さん。

JAXAが人工衛星の月面着陸に挑戦するそうです。
これは27日JAXAが発表したもの。
今回発表された衛星はJAXAと東京大学が共同で開発した衛星。
衛星は2018年にNASAが打ち上げる宇宙船の飛行試験に合わせて打ち上げられるもの。
NASAが打ち上げる宇宙船は新開発中の大型ロケットで、将来火星有人飛行を睨んでいるのだとか。
打ち上げに際し、日本のものを含む13の小型衛星が同時に打ち上げを実施。
この内の1つが今回月面着陸を目指す衛星で、着陸後は月面の放射線を測定したりする予定なのだとか。
衛星ですらまだまだ難しいようですし、月面旅行は当面先の事になりそうですね。
  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 00:19Comments(1)

温暖化で世界遺産が危機に ユネスコが警告

2016年05月28日


小木曽雪菜さん。

地球温暖化によって世界遺産が危機に晒されているそうです。
これはユネスコがまとめた報告書によるもの。
それによると、現在地球温暖化は世界遺産条約が締結されて以来、最もリスクが高まっていると指摘。
一例として、世界自然遺産に認定されている知床では直近30年で流氷が減少していることを紹介。
流氷は知床の食物連鎖において重要な役目を果たしており、このまま温暖化が進むと生態系を崩しかねないと指摘しました。
ユネスコはこの他、合計で29ヶ国31ヶ所の世界自然遺産が危機に直面していると警告しているとのこと。
これもきっと地球温暖化の陰謀ですね。
許すまじ。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 20:22Comments(2)

世界初 次の信号の色や変わるタイミングがわかる自動車発売

2016年05月27日


千夜さん。

次の信号の色がわかるいろいろな意味で未来的な車が発売されたそうです。
開発したのは自動車大手のホンダ。
このシステムは交差点に設置されたセンサから情報を受信することで実現したもの。
これにより、次に通過する信号機の色や、青の信号を通過するには何km/hで走ればいいか、信号機の色が変わるのは何秒後かなどの情報を把握できるようになるのだとか。
現在このシステムに対応した信号機は全国に約5700箇所で、今後も増加する予定。
ホンダではこのシステムにより急停止急発進による事故の防止や燃費の向上に繋がるとしているとかなんとか。
これは中々画期的なシステムですね。
いずれは「最短で目的地につくにはこの道路を何km/hで走ってください」的な指示までしてくれるナビが登場するのでしょうか。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 19:58Comments(3)

日本ハム新球場構想へ賛否

2016年05月26日


芽兎めうさん。

北海道日本ハムファイターズが本拠地である札幌ドームから移転する構想があると報じられています。
札幌ドームは札幌市が所有するドーム球場。
2001年に完成し、野球のほかグラウンドを入れ替えることでサッカー等もプレーできる多目的球場です。
フィターズは2004年に北海道に本拠地を移し、以降はホームの球場として札幌ドームを使用しています。
しかしこの札幌ドームは年間26億円超の巨額の使用料が課されていると言われており、ファイターズの利益を圧迫する大きな要因になっています。
また、売店や広告などの利益も球団には入ってこないため、大きな機会損失を抱えていると言われています。
そこで今回持ち上がっていると噂されているのがファイターズが自前で新球場を建設するという計画。
これにより初期投資はかさむものの、賃貸料や物販の利益を球団が得ることができるようになるため、メリットが非常に大きいと言われています。
同様のケースとして現福岡ヤフオクドームを借りていた福岡ソフトバンクホークスが巨額の使用料を嫌いドームの購入に踏み切ったケースがあげられます。
ホークスは現在球団として黒字経営をしており、ドーム買取がその大きな要因の1つになったとされています。
こういった背景もあってか、今回の件はファイターズファンからも歓迎する声が多く上がっているとか。
一方、ドームを所有する札幌市はドームの収益の7~8割をファイターズに依存していると見られており、仮に移転となると大きな打撃になります。
市長は料金を下げる議論には応じないとし、移転もありえる話とコメントしているとか。
建設費用さえなんとかなるなら自前で球場を持つことは利益はもちろん、ファンサービスの拡充の面で非常に大きなメリットになると思います。
プロ野球のさらなる発展のためにもぜひとも新球場建設の方向で進んで欲しいですね。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 07:00Comments(1)