タンザニアで世界最大ヘリウムガス田発見 供給不足解消も

2016年06月29日


謎のパスタマカロニ。果たして実在するのか。

タンザニアで世界最大級のヘリウムガス田が見つかったそうです。
現在ヘリウムガスは需要に対し供給が不足している状況。
価格も高騰し続けており、将来的に枯渇するのではないかと危惧する人もいるとかいないとか。
今回ガス田が見つかったのはアフリカタンザニア。
発見したのはイギリスの大学やノルウェーのヘイル無開発会社らで作るチーム。
発見されたガス田は1箇所だけで最大540億立方フィート。
これは世界最大級の大きさで、最大のヘリウム生産国であるアメリカ全体のガス田の大きさの1/3に匹敵するのだとか。
発見したチームではヘリウムの安定供給化に期待を寄せるとともに、今後も同様のガス田が発見される可能性についても言及しているとのこと。
将来は飛ばない風船が主流になったりするのでしょうか。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(1)

中華スープのパックにほうれん草スープが混入する凶悪事件発生 メーカー自首回収へ

2016年06月28日


謎のお菓子マカロン。果たして実在するのか。

中華スープのパックにほうれん草とベーコンのスープが混入するという凶悪事件が発生したそうです。
問題の商品は味の素が販売する「クノール中華スープ」。
今月20日に購入した客から中身が違うとの問い合わせがあり、調査したところ同社の別製品である「ほうれん草とベーコンのスープ」が混入していることがわかったそうです。
品質的な異常はないものの、パッケージにないアレルゲンを含む材料が入っていることから回収を決断。
対象商品は7万4千袋に及ぶそうです。
味の素では今後再発防止に努めていくとのこと。
最近は何かあったら隠蔽せず正直に話すのがトレンドみたいですね。
個人的にはこのくらいであれば回収までしなくてもいいような気もしますが、万一のことを考えると致し方ないのでしょうか。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 20:13Comments(4)

無効の一時停止標識で誤った取り締まりが発覚 3年間で87人が被害

2016年06月27日


簡単に絵で表すとこういう話でした。

効力のない道路標識を根拠に誤った取り締まりが行われていたことがわかったそうです。
これは滋賀県警が誤って取り締まってしまったもの。
問題の標識は3年前に設置した一時停止の標識。
本来一時停止や通行禁止などの標識は各都道府県の公安委員会の意思決定を受けて設置されるのがルール。
しかしこの標識は手続きのミスで意思決定がされていないまま設置されてしまったのだとか。
この無効の標識を根拠に反則切符を切られた人は87人。
中にはこの違反で免停になった人もいたのだとか。
滋賀県警では反則切符を切った人たちに反則金を返金するとともに、違反点数を抹消するとのこと。
前にも別の場所で似たような話がありましたが、道路標識の内どのくらいの割合で無許可のものが存在するのでしょうか。  


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(4)

小学生が1億2千年前の貴重な哺乳類の化石発見

2016年06月26日


ちょっと試してみたいことがあってやってみた結果なんかただの雑っぽい絵になってしまった何か。

小学生が1億年以上前の哺乳類の化石を発見したそうです。
化石が見つかったのは福井県勝山市。
化石は一昨年市内にある施設で化石発掘の体験に来ていた岐阜県の小学生が見つけたもの。
恐竜博物館が調べたところ、1億2千年前のネズミに似た哺乳類の化石であるとわかったそうです。
化石は石に埋まっており、表面には歯の部分のみ露出。
CTで石の内部を調べたところ、頭の後ろから腹の部分までが残っていることがわかったそうです。
類似の化石は国内で11例見つかっていますが、多くは歯や顎の一部のみで骨格の多くが残っているのは大変貴重なのだとか。
化石を見つけた小学生は次は恐竜の化石を見つけたいと語っているとのこと。
小学生でこれだけ大きな成果をあげたとなると将来有望ですね。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(3)

探査機はやぶさが持ち帰った微粒子から45億年前の痕跡

2016年06月25日


ひきこもり的ななにか。

小惑星探査機「はやぶさ」が持ち帰った微粒子の分析が進み、いくつか新しい事実がわかってきたそうです。
この微粒子ははやぶさが2010年に小惑星イトカワから持ち帰ったもの。
小惑星から無人探査機が物質を持ち帰ったのはこれが初めてのことで、当時大きな話題になりました。
JAXAが微粒子を分析したところ、表面からイトカワの母天体のものとみられる痕跡が見つかったそうです。
痕跡には45億年前にはイトカワはまだ母天体内部にあったことや、その後数千年間高温に晒されたことなどが判明。
JAXAでは太陽系初期の痕跡が残っていたのは貴重で、惑星の進化の過程を理解するのに役立つとコメントしているとのこと。
とりあえずはやぶさが戻ってきたのがもう6年前というのがちょっと信じられないというか信じたくないというかとにかくそういう感じですね……はい……。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(1)