2億年前の巨大隕石衝突でプランクトンが死滅 岐阜の地層で証拠見つかる

2016年07月25日


プランクトン想像図。

岐阜県にある2億年前の地層から巨大隕石の衝突を示す証拠が見つかったそうです。
噂の地層は2億1500万年前、当時海底にあったとみられる地層。
研究チームはこの地層の中から、動物プランクトンの生息数に着目して調査を実施。
その結果、隕石が衝突したとみられる時期を境に21種いた動物プランクトンの内18種が絶滅していることがわかったそうです。
また、植物プランクトンの数も数万年の間減少していることが発覚。
最終的に動物プランクトンの数が回復するのには30万年もの月日が必要だったのだとか。
なんとも恐ろしい話ですね。
とりあえずもう二度と隕石がぶつからないようお祈りをしておこうと思います。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(0)

アルゼンチン上空で隕石が空中分解 周囲に巨大爆発音

2016年07月24日


星。

アルゼンチンで降ってきた隕石が空中分解する事件があったそうです。
隕石が降ってきたのは20日、アルゼンチンにあるへネラル・ロカなる街。
突然街中に巨大な爆発音が数回鳴り響き、建物を揺らしたそうです。
これを受け街では警察や消防、救急隊員が緊急出動。
しかし現場には爆発や災害の形跡はなかったそうです。
その後、爆発音は隕石が上空1万メートルで空中分解したことによるものと判明。
隕石は直径12mほどと推測されており、最終的に3つの破片に分解したのだとか。
何事も無くてよかったですが、直径12mの隕石がそのまま街に降ってきたら……と思うと中々恐ろしい話ですね。
  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(1)

VHS終了のお知らせ 日本最後のビデオデッキメーカーが撤退へ

2016年07月23日


ビデオデッキ。

ついにVHSの時代が幕を閉じることいなりそうです。
船井電機はこれまで生産を続けていたVHSビデオデッキの生産を今月いっぱいで打ち切ることを発表しました。
VHSは日本ビクターが開発したコンシューマ向け映像保存メディア。
長時間の映像を手軽に、かつ綺麗に保存できることから爆発的にヒットし、世界的なデファクトスタンダードを獲得するに至りました。
しかしそんな栄光も今は昔。
VHSはその後登場したDVDやBlu-ray Disc、更にはHDDといった他の記憶媒体と入れ替わる形で市場から消滅していきました。
現在、日本のVHSビデオデッキの生産は船井電機1社のみが継続していましたが、今回の生産終了でついにVHSの歴史が幕を閉じることになります。
ちなみに現在のVHSビデオデッキの売上は年間75万台とそこそこの規模。
にもかかわらず今回生産を打ち切るのは必要な部品の調達ができなくなるというやむを得い事情からだそうです。
今もまだこれだけ売れるのなら、今から中小企業が新規参入しても商売として成り立つかもしれませんね。
  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(4)

ポケモンGO ついに日本でも配信開始

2016年07月22日


カラカラ。

ついにポケモンGOが日本でも配信開始されました。
ポケモンGOはスマートフォン向けに開発されたゲームアプリ。
スマートフォンのカメラを使って、町中にあらわれたポケモンを捕まえたり育てたりすることができるそうです。
米国では日本での公開に先立ち配信がされており、瞬く間に全米1位のユーザ数になるなど大ブームになっているのだとか。
22日に日本で配信が開始されると、さっそくサーバーにアクセスが殺到。
一時サーバーがダウンするなどし、今もまだ繋がりにくい状態が続いているそうです。
ポケモンGOをめぐってはいわゆる歩きスマホをするユーザが懸念されており、先に公開された各国でも既に問題になっています。
日本での公開にあたっては政府から安全な利用を求めるガイドラインが事前に公開されるなど異例の対応が取られています。
また、一部観光地ではポケモンGOの利用を禁止するところも出てきているとかいないとか。
ちなみに私のスマートフォンは端末が対応していないというメッセージがでてインストールができませんでした……。
これもきっと地球温暖化の陰謀ですね。
許すまじ。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(3)

偽札1億円超分 台湾空港で見つかり没収

2016年07月21日


ぶた。

台湾の空港で大量の偽1万円札が見つかり没収される事件があったそうです。
事件が起きたのは今年2月、台湾にある桃園国際空港。
日本人男性のスーツケースの中から1億1900万円分の1万円札が見つかったそうです。
台湾では米ドル換算で1万ドル以上の外貨を持ち出す場合は申請が必要。
この男性は申請をしていなかったため、没収されてしまったそうです。
その後、台湾当局がこの紙幣について調査を行ったところすべてが偽札であることが判明。
偽札は聖徳太子の書かれた旧1万円札。
当局では詳しい背景について調べを進めているとのこと。
今回は見つかってくれてよかったですが、これが氷山の一角だとしたら中々恐ろしい話ですね。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(2)